記事の詳細

IMG_1390 私が飛行機のパイロットのライセンスがとりたい、と思う直接のきっかけになったのは、昨年12月にカウアイで友人の持つ小型機に乗せてもらったことがきっかけです。
元から飛行機や飛行機で行く旅は大好きなのですが、小型飛行機に乗せてもらったことから、すっかり虜になってしまい、ライセンスがとりたいなあ、とまで思うようになったのです。

今回も、カウアイに来たので、また乗せてもらえるかな、と期待していました。ところが、その飛行機が故障してしまい、墜落しかかって、友人(正確には私の昔からの友人のご主人)はタッチの差で無事だったと昨日聞いたのです。(左の写真)
小型飛行機は結構事故があり、事故があるとほとんど助からないことが多いです。友人は飛行機を共有していたその友人が飛んでいる時に変な音がしたため、あわてて近くの空港に降りたそうです。その後、様子を見て、近くの空港から元の空港に帰ろうと思ったときに、調子が悪くなり、苦労して何とか降りたと聞いています。
IMG_1387 友人は、仕事が航空会社の整備担当で、飛行機が大好きなので、今、次の飛行機を探している所だそうです。(怖い思いをしたせいか?共有していた友人はもう持ちたくないといっているそうです)

パイロットは私の友人のご主人なのですが、友人は「墜落しなくて本当に良かった!」といっていました。(左の写真は友人がパイロット、私が隣の席にいます!)

私はまた乗れるかな、と期待してきたことを友人ご夫妻は知っているので、「次に来るときにはまた飛行機があるから」と慰められています!

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る