記事の詳細

ビジネスを考える場合、マクロの動向、事業環境を分析し、機会を探し、自分の強みがいかせるようなビジネス・プランを立てるというプロセスを教えられることが多いです。For English=> 

しかし最近では、テクノロジーがどんどん進み、それまでは考えなかったような製品ができてしまうことがあります。2月20日の「ダボスの経験を東京で」23回では、皆さんに、できてしまった!製品をどうするか?について、クリエイティブ・クレージーなアイディアを考えていただきたいと思います。

これからは、創造性、想像力が必要だ、と良くいわれますが、実際に何をどうしたらよいのか、は、なかなか試してみる機会がありません。今回は、実際にある製品を2つ持ってきて、それに何をさせることができるか、(これはハッカーの考え方だと以前聞いたことがあります)を皆さんに自由に考えていただきます。その製品とは、Theta、そしてRingUです。 いずれもダボス。。の参加者や友人が持ってきてくれたアイディアなので、会社や組織とは関係がありません。

リスクがない中、どれだけクレージーなアイディアが考えられるか、挑戦してみませんか? 詳細、ご登録はこちらからどうぞ。

先週金曜日1月23日にやった「ダボス。。を東京で」22回のビデオももうすぐポストします。乞うご期待!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る