昨日(というかアリゾナ時間の2月1日)は米国プロフットボール最大のイベントであるスーパーボールでした。シアトルSeahawksとNew England Patriotsの試合、第4QTRにPatriotsが逆転し、あと一歩でSeahawksが再度逆転?という所でしたが、結局Patriotsが勝ちました。

私は必死でやっていた作業があったため、見ていなかったのですが、いろいろ話題のある(Super Bowl’s worst call?)という試合でした。

いつものようにCMについても(スーパーボウルは見る人が多いので、CMはどの企業もとても力をいれており、何かと話題になります)、試合を見ながら皆が食べるもの(chicken wingとかchipsとかいわずと知れた?ビールとか)についてもいろいろな報道がされていました。何といっても1億人以上が見る米国最大のゲームなのです。

私の印象に残ったのは、アリゾナで開かれること、そしてアリゾナは重病の子供の願いをかなえるMake a Wish Foundationという組織が生まれた所というニュースでした。スーパーボールが見たいという願いを持つ子供が何人か招待されていたので、その話がニュースででてきたのです。 Make a wishはすばらしい組織だと思うので、それがアリゾナから始まったのか、と知ったこと、子供がとてもうれしそうに、話をしているのが印象的でした。