昨日9月1日午後、代々木オリンピックセンターで開かれていたウィメンズ・エグゼクティブ・リーダー養成塾(良く考えると、かなり難しい名前ですね)IIIで基調講演をさせていただきました。以前、キャリア関連のセミナーをしたことのある東京女子大と関西学院大学の2年次の女子学生約50人を対象にしたもので3日間開かれる初日でした。

タイトルは「21世紀に必要な『戦略シフト』-広く世界に羽ばたくのは貴方!」とつけて、時代の流れ、個人への要件、明日からできることなどをご紹介しました。このタイトルにしたのは、今 企業の「戦略シフト」に続いて、個人向けの「戦略シフト」の原稿を書いていることだけでなく、3日間のほかのセッションの内容を見てその前段という位置づけで、こうしたタイトルにしたのです。(ちなみに他のセッションは、「女性が社会で働く現状について」「理想の会社の条件とは」「日本を変えるヒット商品」などでした。)

最初に、Ice Breakingのために、風船や小さなぬいぐるみなどを使って、名前を覚えるゲームを、それから講演を1時間弱、質疑応答、プラス途中で少しだけ、私が参加した会議のパネル、ダボス会議のビデオなどをネットで見せ、最後は「世界級キャリアのつくり方」を10人強の方にさしあげて終わりました。(ほしい人と私がじゃんけんをして私に勝った人にさしあげるといういつものスタイル)。質問は自由にいつでもしてくださいとお願いしたのですが、前もって準備していたらしく、学生の代表の方お二人から、いくつか最後に質問が出ました。

一番難しかったのは、「エグゼクティブ・リーダー」とは何ですか?という質問でした。(ウィメンズがついていたかは忘れましたが、私は女性男性には関係ないことをいいました) 最初に何年生まれ?と聞いたら(女性に年令を聞くのは失礼なので、生まれた年を聞いた)1989年ということだったので、選挙のことを少ししました。

若い世代と会うと、常に希望が持てます。いつも言いますが、Create the Future!ができると実感するので。