記事の詳細

15.3.20DEXall昨晩3月20日、恵比寿のガーデンプレイスにあるOgilvy & Mather Japanで「ダボス。。を東京で」第24回が開かれました。For English=>   テーマは、「変身するメディア業界でクリエイティブな価値を」、OgilvyにユニークなBig Idealというコンセプトで「ブランド」を見直そうというものでした。

O&Mpairまず私とO & M Japan Groupの久保会長のWelcomeの後、すぐ参加者に自分の好きなブランド、嫌いなブランドを考えていただき、それを隣の人に説明するという短いセッションをしました。すぐ皆さんに参加していただくと、あっという間に部屋のエネルギーレベルがあがるのです。特にOgilvy & Matherのご協力で企画された今回のセッションは、とても人気があり今までで最大の参加者が集まりました。

その後、O & G JapanのTodd Krugman 社長がO社のユニークさを事例とともに、そして伊藤直子さんがBig Idealというコンセプトと事例を説明してくださいました。

それからがいよいよ参加者の本格的な出番!各グループ6-8人くらいに分かれて、3つのテーマのどれかを考えていただきました。3つとは、1)最初に考えた好きなブランドをBIの観点から見直す 2)自分のブランドをBIから考える 3)O 社のBIを日本で理解してもらうためのアプローチを考える、です。

GRP1BIはかなり概念的なので、具体化する、それも30-40分くらいでという課題にどのグループも苦労していましたが(私自身も実際やってみるとなかなか難しいことが良くわかりました)、最後は各グループからレポートバックをしていただきました。いつもですが、苦労していても、なるほど!というものがいくつかありました。

IMG_4916最後にそれまであまり親しみがなかったO & Mのことをもっと知っていただきたいこと、そしてBIというコンセプトを自分のブランディングに応用してはどうか、と提案して、セッションは終了しました。

その後、すばらしいオフィスで開かれたネットワーキングでは話が弾み、とうとう10時半過ぎに追い出される!まで、多くの人が残っていろいろ話をしていました。Ogilvy & Matherの皆様、こうした機会を提供していただき、ありがとうございました。

セッションのビデオと前後にやったインタビューはまたサイトにポストしますので、もう少しお待ちください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • Aki Kubo
    • 2015年 3月 23日

    Dear Ishikura sama,
    Oce again, many thanks for your supports to O&M to be better known and understood.
    I found some of BI presentations quite interesting.
    Best,
    Aki

    • yishikura
    • 2015年 3月 24日

    Kubo san, this is Yoko Ishikura. It is US that wants to thank YOU for offering the opportunity to get to know O & M and BI.

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る