kale fresh安倍内閣の農業改革、TPPの進展、円安による食品の値上がり(一方、コーヒーなどは値下がり。。)と、農業の今後と私たちの毎日の生活の「食」に関連する記事が多数見られます。For English=> 高齢化の問題、小規模な農業など農業の課題は良く伝えられますが、一方、斬新なアプローチ、テクノロジーの農業への活用については、最近少しずつ動きが出てきた程度のように思われます。(左の写真はKaleです)
4月17日(金曜日)第25回の「ダボスの経験を東京で」では、m2-Labo(エムスクエア・ラボ)の加藤百合子さんを特別ゲストに、新しい動きが見える農業や食の分野において、イノベーションは可能か、テクノロジーはどのように活用できるか、などを議論します。
加藤さんは、エンジニアとしての幅広いご経験から、エムスクエア・ラボを2009年に創業され、政策投資銀行の女性起業家ビジネスプラン・コンテストの第1回大賞受賞者でもあります。加藤さんに関する日本語の記事は、こちらをどうぞ。
加藤さんのお話を聞いた後で、いろいろな利害関係者がいる農業や食の分野での起業の可能性などを皆でロールプレイしてみませんか?(アイキャッチ画像は、2月にやったダボス。。の模様です。こんな感じと思っていただければよいと思います。動画もサイトからみられます) 詳細、お申し込みはこちらからどうぞ。多くの皆さんのご参加をお待ちしています。