記事の詳細

26th先日のブログでもセールス攻勢につぃて書きましたが、昨日までの連休を挟んだ2週間半の海外出張中で、さらに強く感じたことがあります。For English=> それは、(幾分ばっさりとした表現になってしまいますが)海

IMG_5500 (1)外の人(米国だけではなく、アジアの人たちも)のほうが、日本人以上に、自分自身や自分の活動を多くの人にちゃんと評価してもらおうとすることです。セールスの人たちはもちろんですが、カトリックの神父さん、研究者、ビジネスリーダーなど、相手がわかるように自分をマーケティングすること、売り込むことが上手だと感じました。つまり、最近私も良く書いている「マーケット感覚」を身につけているようです。といっても、これまでは組織のメンバーであること、ネットワークもそれほど広くない、という場合、どこから手をつけて良いか、わからないかもしれません。
そんな貴方にぜひ試していただきたいのが、5月22日に予定されている「ダボスの経験を東京で」第26回です。この回では「もうひとつの顔を持ちませんか」というタイトルで、どうすれば隠れた特技や専門性を広く活かせるかを、お二人のゲストとともに考えます。
これまで「マーケット感覚」が大事と行ってきましたが、海外の人たちと遭遇すると、皆この感覚がとても磨かれていると思います。ぜひリスクが少ない「ダボス。。」の場で試してみませんか。詳細お申し込みはこちらからどうぞ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る