IMG_2508今日英語のPodcastを聞いていたら、今盛んに研究や実験が進んでいる自動運転について、反対する人たちも多く、その勢力をどうするか、という話が出て来ました。私自身、免許更新に行ったときに、事故のビデオを見て「自動運転がはやくできるようになると良い」と痛感したのですが、自動運転が普及すると、交通事故の主な原因の多くがほとんど解消されるという話でした。(大体スピード出しすぎ、脇見、スマホなどが多いので) しかし、現状の車の周囲にはそれで成り立っているビジネスが多いので、それが大きなハードルになるということが強調されていました。
自動車業界が一変することはこれまでも考えていましたが、事故のための保険業界、車の所有者が激減することの意味など、周囲に巨大な既得権益業界?があることに気がついたのです。安全確保ということ以上にこうした勢力はそんなに簡単には変わらないだろうと思いましたし、速度制限内で走るという行動習慣(今のままでも、皆が速度制限内で走れば、事故の多くは防ぐことができるそうです)を私たちがどれだけ変えることができるか、ということも大きなハードルになるのではないか、と思いながら聞いていました。(上の写真は昨年カナダで借りた車。こういうことも必要なくなるということ?)
IMG_4231 (2)これだけ大きな社会変化になると、テクノロジーの問題だけではないので、実現へのハードルをどう壊していくか、が大きな課題になると思います。(鍵の使い方がわからないー左の写真や、昨年焦ったように鍵をなくすということからも?)
交通事故を減らすだけでなく、高齢者のモビリティを確保するなど、自動運転によるメリットはとても大きいわけですから、私たちもそれをただ待っているのではなく、新しい行動を進めなくてはならないのではないか、と思いました。