IMG_6755IMG_6167先週末くらいから、何となくやる気がない!という状況になっていました。(アイキャッチ画像のように何とか命綱につかまっているという状況!)For English=>  最近やったセミナーに反省点が多かったのですが、その理由がもうひとつはっきりしなかったこと、また毎日運動やアウトドア活動のやりすぎ?で、集中力がなく、ゴルフはショットが?だし、体が疲れてきたこと、9月からの活動もどこから手をつけて良いかわからないことなどから、何となく元気が出ないという状況になっていました。
そこで、まず今年の活動を振り返ってみました。(私は一日にした活動と時間を大体記録しているので、どんな活動にどのくらいの時間を使ったがファクトでわかるのです)。今年これまでやってきたことの自分なりの評価や課題を書き出してみました。そしてこのファクトベースの時間配分(自分で考えていたこととかなり違っていた)と自分なりのリストから大体の方向性を探したのです。。
それから、確か夏カナダにいる間にこういう感じになることがあったなあ、と思い出し、過去の夏のブログを振り返ってみました。
そうしたら、2年前に世界経済フォーラムの合同レポートでとても苦労したことを書いたブログが出て来ました。
それまで、カナダで夏を過ごす間に、まとまった時間を利用して、本を書いたりすることが多かったのですが、自分の本であれば、編集の方のコメントをいただくとしても、自分だけの責任なので、何とか続けていく気になるのですが、かなりの人数で書いたレポートは、全体のチェアが求める内容にしなくてはならないので、とても苦労したのです。この時も根をつめて毎日資料を調べてはドラフトを書いていたので、とうとうある日、もう続けられないという状況になっていました。
それを読んで、こんなこともあったなあ!と少し気を取り直していたら、たまたま電話会議の中で、私がやったモデレーターについて「もっと。。したほうが良いのではないか」というフィードバックをいただきました。自分では全然気がついていなかったことなので、目からうろこという感じで、自分の行動がいかに自分では見えていないか(だんだんやっているうちに元のやり方からはずれてくるなど)を痛感するとともに、うまくいかなかったセミナーの原因を知るきっかけができてきたのです。
ここまでわかってくると、自分なりに整理ができて、かなり気分が変わり、先日の山火事の煙(上右の写真)から少し青空(上左の写真)が見えてきたような気になりました。そこで、まず毎日とこだわってやっていたサーキットトレーニングを休み、体力を回復し、課題を少しずつ解決していくために、資料を調べ、関係ある本を読み始め、具体的な計画をつくり始めました。まだ本調子ではないのですが、体力は戻ってきたようですし、ペースは遅いですが、少しずつアウトプットができそうです。