記事の詳細

IMG_7036IMG_7037 IMG_7126 (1)ニューヨークに来ると、いつもその多様性を感じます。(そのため、とても気楽なのですが) 私が必ずといって良いほど行くミュージカルや演劇でも、「パリのアメリカ人」という楽しい、いかにもアメリカ的なミュージカルから、「Fun Home」という同姓愛に関するかなりシリアスなミュージカル(これはCircle in the Theaterという円形の劇場です)まで、いずれもトニー賞を沢山とったものでも、フォーマットからテーマまで、とても多彩です。

パリのアメリカ人はダンスが多く、楽しいものでしたし、今日マチネーで見たFun Homeは最近LGBTのテーマを「ダボス。。東京で」で扱ったこともあり、とても興味深く見ました。いずれも観客は熱狂的なstanding ovationをしています。

Misty今晩はその後でリンカーンセンターの屋外で開かれたFloating Lanternのイベントに行きました。平和を祈念して灯篭を流すというものでしたが、私は生のMisty Copelandを見たかったので、ずっと待っていました。宗教に関係なく、いろいろな障害を乗り越えた人、世界をよりよくするために活動している人たちのことを思うというイベントでした。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る