記事の詳細

IMG_7476IMG_7478 先週末はアップステート・ニューヨークのCooperstownにいっていたので、この街を有名にしている野球の殿堂に行きました。一日前からいっていた家族は皆見にいっていて、ぜひいくのが良い、2階から見ると良いなどと教えてくれたので、とても寒い土曜日の朝、一人でいって見ました。受付の男の人も、待っている間に、「どこから来たの?日本、イチローももう一歩だね」などと、来た人それぞれを楽しませよう、いろいろ知ってもらおうという精神にあふれていました。(先日David Atkinsonさんの話を聞いたこともあり、特に日本のこうした名所?に比べるクセがついていますが。。) Babe Ruth Room, Hank Aaron Roomなど野球の歴史に大きなインパクトがあった人のストーリーをビデオや写真、ユニフォームなどを展示して、とてもうまくショーアップしていますし、いろいろな記録を残した人やその詳細がすぐ見られるディスプレイもあれば、黒人の野球とのかかわりなどの歴史的背景も説明されていて、子どもから大人まで飽きることがないようにうまくできていると思いました。(米国では10歳くらいの時から、いつの日か、野球の殿堂を見たいと思っている人もかなりいると聞きました)

IMG_7479IMG_7480イチローのユニフォームもあり、最高記録の保持者としてリストに載っているのを見るのはとてもすばらしいものでした。どこの国の誰でも優れた実績をのこした人は、同じようにrespectするという米国の良い面を見たようでした。一階にはこれまで殿堂入りした人の名前を示した盾?が壁一面に掲げられていて、(米国国旗とともに)、いかに野球が米国に根付いているか、が良くわかります。

ちょうどNY MetsがDivisionのプレイオフに勝って、ワールドシリーズへの出場をかけてChicago Cubsと戦う第1戦の日だったので、いっそう印象的でした。(私はかなり前に来たときに、昨日結婚式をしたJohnと一緒にMetsの試合を見に行ったことがあります!Metsの野球帽をゴルフや運動の時に愛用していたこともあるのです。。。)

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る