記事の詳細

elderly 3IMG_7542 先日英語版には書いたのですが、今回ニューヨークで目についたもののひとつに、高齢者が外で歩いている姿を良く見たことがあります(雪がちらつくほど寒くなった週末はさすがに数が減りましたが)。電動?車椅子やウォーカー、杖などで歩く人がかなりいますし、カーネギーホールやブロードウェイなどにも来ていました。
またこうした人たちをさりげなくサポートするという習慣があり、その点では、若い世代のほうが世界共通化してきているようにも思いました。(日本でもそうだと感じるので)
たぶん私がいたのがUpper West sideだったことと、私が93歳の父の生活を身近で見るようになったからだと思います。身近にいると、同じような人に目がいくのです。これは子どもも同じで、grand kidsと時間を過ごすことが多くなるにつれて、東京でも子どもやStrollerが目につくようになるのと同じだと思います。N=1なので、そこからあまりextrapolateすることはできないのですが、それでも現実感は増すように思います。
Dad&me at GCIMG_7562 今晩は、父のシニアレジデンスで父と夕食をしたのですが、その前にお世話になっているケアマネジャーの方と一緒に写真を撮りました。(いつもいろいろ知らせていただいて本当にお世話になっています) そして夕食の後は、いつものようにきれいな花の前で父と二人で写真を撮りました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る