記事の詳細

detbar今来ているアブダビのサミットでも、世界を変えるための有効な手段として、教育の重要性が指摘されています。For English=> 私も昨年までは「教育とスキル」というカウンシルにいたのですが、「教育」というと、ある固まったイメージが浮かんでしまい、重要性の割に何をしたら良いかわからない、あまりに大きな問題なので新しいアプローチといってもどう実践するか、などフラストレーションを感じる方も多いのではないでしょうか。
アブダビでもskypeなど簡単なテクノロジーを用いたスキル開発など、広い意味で教育に関連する興味深い話をいくつか聞きました。私のカウンシルFuture of Jobsでも2020年には、業界にもよりますが、今仕事で使っているスキルの半分位を使わなくなる、新しいスキルが必要になる、という調査結果が出てきています。つまり、誰にとっても新しいことを学ぶことが不可欠になってきているのです。そこで、教室があり、机がある、という「教育」のイメージにとらわれず、新しいことを学ぶ機会や場、やり方として、「教育」を考えることが大切だと感じています。

class先日もお知らせしましたが、11月6日の第31回「ダボスの経験を東京で」では、教育の分野でいろいろな試みをしているTeach for Japanの松田悠介さんをお招きして、TFJの課題について考えるとともに、もっと広く、creativeでinnovativeなアプローチを考えたいと思います。 詳細・登録はこちらからどうぞ。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る