IMG_7691昨日11月6日夜、ウィルソンラーニングで「ダボスの経験を東京で」シリーズ第31回を開きました。For English=> 7月からずっとサポートしていただいた企業でやっていたので、久しぶりにウィルソンに戻ってきたという感じです。
まず初めての方は?と聞いたら、半分近くが初めての参加者でした。10月9日のユニリーバジャパンでやった第30回以来でしたし、その間に私は海外出張が2度あったので、アブダビのサミットのお話を少ししたりしました
その後、参加者の皆さんに、「印象に残った先生」をそれぞれ思い出していただき、隣の人にそのストーリーを共有した後、なぜその先生が印象に残ったのか、と全体ディスカッションをしました。そしてそれから、今回のゲストの松田悠介さんをご紹介しました。
松田さんは、Teach for Japanという教育のNPOを創立された方で、私の友人でもあります。松田さんに、なぜ教師になったか、なぜTFJを始めたか、今どんな活動をしているか、なIMG_7694どを説明していただいた後、日本の教育をよりよくするための活動をサポートしてくださる人、組織、社会を広げるためにはどんなことができるか、を参加者に考えていただきました。
8つの小グループで45分くらいディスカッションした後、各グループからレポートしていただきましたが、いつもこのレポートにはテーマに関わりなく、なるほどと思うことがいくつかあり、とても有意義です。(またビデオをポストしますので、少しお待ちください)最後に松田さんにコメントしていただき、グループ写真をとって、ネットワーキングに移りました。10時半過ぎてビルから出られなくなりそうになったので、11時前に第31回は無事終わりました。ゲストの松田さん、そしてお越しいただいた皆さん、サポートしてくださったスタッフの方々ありがとうございました。