記事の詳細

今日は13日の金曜日でしたが、朝7時の朝食ミーティングから午後5時過ぎに終わったフォーラムまで、とても長いけれど、エキサイティングな出来事の一日でした。For English=> 今週はずっと予定がたてこんでいたし、夜の会食が2回あったので、どうなることか、と思っていたのですが、何とか無事に終わって、本当にほっとしています。(さすがに途中で倒れるか、と自分ながら思ったことがあります)
wMayor 朝の朝食ミーティングは、オランダAmstelveenのVeld 市長、アムステルダム市国際局のジンブレラ局長など。2時間近く女性活用やダイバーシティなどの話をしました。朝4時半過ぎに起きていったので、大変でしたが、電車はすいていてGoodでした。
その後、しばしSBで仕事をしてから、NEC主催のC&Cユーザーフォーラム&Expo2015へ。イノベーション関連で著名なClay Christensen教授とのランチ、Christensen教授の特別講演のあと、クローズドパネルでパネリストをしたのです。
Christensen教授と直接会うのは初めてでしたが、まず203cmと背が高くて大きいのにびっくりしました。(今まではビデオなどで見ていただけだったので)しばし他のパネリストも含めていろいろな話をした後、特別講演を聞き、いよいよパネル。(かなり待ち時間が長かったので、やっと!という感じ。でも東京国際フォーラムのHall Aの裏も見ることができましたが。。)
clay パネルは、英語。Christensen教授のコメントがそこここであってなかなか興味深いものでした。パネリストはJDNの紺野さん、NECの遠藤さん、三菱重工の大宮さん、慶応SFCの徳田さんで、モデレーターはJDNの西口さんでした。待ち時間の間に大宮さんとお話する機会があって、KMDのIoTプロジェクトや「ダボスの経験を東京で」、MRJの新しい飛行機のお話をしたり、なかなか楽しいものでした。
パネルを終えて、本当にほっとして、皆で写真をとり(左上)、私は帰って来ました。グラフィックファシリテーターのやまざきさんのグラフィックを見てくるのを忘れたのが残念でしたが。。。 夕方のパネルで、客席を見たら、何と朝食会でも一緒だった佐々木かをりさんが。。(後で聞いたら、NECの社外取締役だそうです!)

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る