記事の詳細

IMG_7345今週は、クラスや打ち合わせ、セミナー、取締役会関連の会合に加えて、インタビューが3.5回?ありました。打ち合わせは、10月末に予定されている経営者懇談会、1月に予定されている研究会、そして私の活動のアップデートと次のステップを考えるもの。セミナーは表参道カレッジ、Dow Innovation Day,そしてある企業での講演の3回。
インタビューが1週間でこれだけ続いたのは久しぶりなのですが、テーマと媒体は、「グローバル人材に関する」IBMのMUGENDAI無限大というオンラインの広報誌、ewomanのアクションプランナーという手帳に関する、こちらもたぶんオンラインの記事、米国の投資会社の日本企業のガバナンスに関するもの(これは全くプライベート)、そして昨日は急に決まったEconomist誌の企業カルチャーに関するインタビュー(こちらはどんな媒体か、?ですが)でした。今後、それぞれドラフトをいただき、それを修正するという作業が続きます。(思い返すと、このうち3つは六本木ヒルズ-左の写真でした!)
インタビューは、私の場合、その時に頭にあること、考えていることをお話することが多いので、自分でもまだ明確でないことが、インタビューを受けているうちにはっきりしてきたり、また意外な質問から、今このテーマはこう捉えられているのか、と感じるなど、新鮮な驚きもかなりあります。ドラフトが出てくるまでに時間があるので、その間に新しいことを知ることもあります。

今回はモデレーターをしたいたパネルでも、最後に私への質問が飛んだりして、常に自分の意見を言う訓練にもなりました。(アイキャッチ画像はその時のものではないのですが、あるパーティで指名された時のものです)

どんな時でも必ず何かいう、できれば簡潔にわかりやすく、ユニークなことをいえるのが一番良いのですが、まだ道は遠いです!

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る