記事の詳細

IMG_9830IMG_2302昨晩(11月26日)、六本木アカデミーヒルズで、以前からご案内していたGAS2015特別セミナー第4回が開かれました。For English=> 特別ゲストはバルセロナにあるIESEビジネススクールのJan Oosterveld教授。タイトルは「変化、国際化、日本」で、世界の大きな変化の中で、日本企業の国際化は待ったなしであること、グローバルに競争する場合、いかに違ったカルチャーや国籍の企業と協働していくか、その中で、個人はどうするべきか、などについて、ご自身の経験(何と!日本には仕事で200回近く来ておられるそうです)からもお話いただきました。
その後、私も参加して、もう少し詳細にわたり具体的なアクション、参加者への意味合いなどについて、伺いました。その後、会場との質疑応答をしたのですが、参加者の皆さんからの質問やコメントはそれぞれとても興味深いと思いました。(そこから学ぶことも多かったのです!)

何度もいわれていることですが、議論する、時間がかかる、などといっている場合ではなく、長期的な目標をはっきり持って、すぐ行動することが大切だと再認識しました。他人のこと、企業のことというよりは、自分のこととして、常に学ぶ姿勢と行動が鍵だと思います。米国ではThanksgivingという家族で集まる日(休日)だったのですが、多くの皆さんにお越しいただき、感謝しています。ありがとうございました。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る