記事の詳細

grouppicture1速報からだいぶ時間がたって、お待たせいたしましたが、3月18日にやった「ダボスの経験を東京で」第35回「あなたの特技の値段?」のビデオとサマリーがこちらにポストされています。For English=>  ビデオは、セッションの初めの部分から体験オークション(Opening Talk and Presentation Part 1:48分程度ー私の4アイテムから始まり、その後9人の方が10アイテムを紹介しています)と小グループでのディスカッションとそのレポート、最後のまとめ(Presentation & Closing Part 2 25分位)、私が参加者でオークションに出品していただいた参加者との短い事前のインタビュー(Before session Part 3  日本語と英語,4分)、体験オークションの後でやった参加者お二人とのインタビュー(After session Part 4 6分,こちらも日本語と英語)からなっています。
どんな「体験」が出品されたのか、に関心のある方、そして出品していただいた方、グループの活動をレポートしてくださった方々は、自分の説明の仕方はどうか、をレビューする上でもぜひご覧ください。
s_DSC_0002私はこのビデオはサマリーを書くこともあって必ずすべて通して見ますが、自分の話し方のクセ(特に日本語でインタビューをする時の相槌が多く、聞きにくい、事前インタビューは口があまりまわらずスムーズでない、など)がよくわかるので、とても参考になります。(次回からは気をつけよう!と思うのです)。皆さんも自分のプレゼンテーションを見るのがスキルを上げる一番の近道なので、ぜひご覧ください。
小グループのレポートバックの仕方についても、「何をグループでしたか」という活動の説明ではなく、「中身」を紹介していただくのが良いと思います。ビデオの中で私もちょっとコメントしていますが、「それぞれ自己紹介をした、、、AさんはX, BさんはYが特技」と説明するよりは、共通項として「どんな発見があったか、たとえば、、」というような言い方をすると良いと思います。

ディスカッションをその場でまとめてレポートするのはなかなか難しいですが、こちらも場数を踏み、毎回研究すればどんどん上達します。(私もまとめをする機会が多数ありましたが、最初の頃はそれぞれの人の意見やコメントに引きずられてそれを説明してしまったり、という経験も多くありましたしました。それからディスカッションをしている間によく考えて(レポートする役はとても良い訓練になるので)、まとめをするコツをすこしずつ習ってきているのです。毎回うまくいくわけではありませんが、うまくいってグループのメンバーも全体も満足してくれると、「やった!」という気になります。ダボス。。。はそうした機会をなるべく多くの方々に実践していただこうと思ってやっているので、ぜひこうした機会を活用してください。

次回は4月22日です。詳細お申込みはこちらからどうぞ。多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る