記事の詳細

ここの所、若い世代のグループを知る機会が続きました。先週金曜日は、MBA-no-WAという、MBAの卒業生、在校生、MBAを取りたい人などを対象とするグループの創業者である筒井さんと会う機会がありました。前にアントレ研究会で知り合った方から紹介されて、ビジネス・プラン・コンテストの話で会ったのですが、話は限りなく広がり(私が人と会うとどうもこういう傾向になるようです!)、MBA-no-WAの活動を聞いたり、ICSでやっているBusiness Plan Contestのことを紹介(というより担当のInstructorに伝えた)したり、こうしたイベントや組織を活性化していく上でのアイディアをブレーンストーミングしたり、なかなか楽しく、有意義な時間でした。

アントレ研究会も今年はじめにやったOpen Forum(だと思います。いくつかイベントを続けてしたので、定かでないですが)の時に参加された方からお話をいただいて、講演をしたら、ICSの卒業生などいろいろな人が関与していた!というSix degreesのような話でした。

ちょうど良い機会だと思ったので、私が今書いている「個人の戦略シフト」の話をしたり、筒井さんはじめMBA-no-WAの方々のプロフィール、筒井さんの経歴やこれまでの活動をいろいろ伺い、とても興味深いものでした。

昨日はSt. Gallen Symposiumという毎年5月にスイスのSt.Gallenで開かれるシンポジウムの日本担当のSebastian Kressと会いました。St. Gallen SymposiumはSt. Gallen 大学の学生が中心になって企画、運営するとても素晴らしいシンポジウムで、私も2年前に出席しました。

昨年は残念ながらいけなかったのですが、企画や人を探す上で相談にのったり、できることはしたいと思って、学生の代表にはいつも会います。来年5月のシンポジウムのテーマ(Entrepreneur-Agent of Change)や計画の詳細や背景を教えてもらい、私のフランクな感想を伝え、今までとは少し違う資格要件のあるLeaders of tomorrowを集めるためにどのようにPRしたらよいか、どんな手があるか、などをブレーンストーミングしました。

もちろん、先週金曜日に初めてやったICSのゼミも、4人の学生の経歴や今後やりたいことなどを聞いたり、私の活動を説明したりで、とても楽しく時間を忘れてしまったのですが、このように若い世代と常に交流があるのは、本当にすばらしいことだと思います。

こうした中で、私の役割は、自分が中心になるのではなく、このようなグループや人をどうつなげていくか、紹介できる人をどうお互いに紹介するか、横につないだプロジェクトのきっかけを作り、進めていくサポートをするか、ということだと思います。

関連記事

  1. 石倉先生、取り上げて頂いてありがとうございます!他のビジネススクールにも引き続きコンタクトしています。来年春頃には大きなビジネスプランコンテストができたと報告できる様に頑張ります!

    • Yoko Ishikura
    • 2009年 10月 28日

    Teppeiさん、石倉です。コメントありがとうございます。どんどんWAを広げていってください!(MBAに限らないかもしれませんね)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る