記事の詳細

IMG_9676ちょうど2週間前にグローバル・アジェンダ・セミナー2016特別セミナー第1回にお招きしたAndaz東京の総支配人アルノー・ド・サン=テグジュベリさんにご招待いただいて、Andaz東京にいってきました。For English=>  久しぶりに虎ノ門ヒルズにいき、51階のレセプションにいったら、すぐ案内していただき、皇居から丸の内あたりが一望できるレストランでランチをいただいてきました。(ここから写真を撮るのを忘れましたが!) ランチは素晴らしく、最後にエクレア(今、大流行のようです)のミニ版?をいただいてきました。(お土産にも長ーいエクレアをいただいてしまいました!)

IMG_9679虎ノ門ヒルズやAndazにいると、東京はグローバルなメガシティだなあと痛感します。周辺で働いている若い人が多数ランチをとっているようでしたが、そのままニューヨークだといっても通用するような感じを受けました。最近は国という単位より、都市の方がクリエイティブな人々、ビジネスに関しても意味があるといわれていますが、まさにその通りだと感じました。(観光客というととかく日本全体でという話になりますが、先日のセミナーでアルノーさんもいっておられましたが、東京と京都だけではなく、都市単位でいろいろ考えられると思います。(明日は5月20日にする富士通フォーラムの打ち合わせでデビッド・アトキンソンさんに会うので、この話がはずむかもしれません!)

ランチの間いろいろお話しましたが、先日のセミナーの後多くの方にメールをいただいたといっておられました。また常に周囲に気を配っておられるのが、印象的でした。パーソナリティが大事、自然体で常に学ぶ姿勢を持っていること、お客様の声を聞き、それに合わせていくこと、常にオープンマインドであること、がこの業界に働く要件だとセミナーでもいっておられましたが、Andazで見かけた方々が皆そのスピリットを持っているようで、感心してしまいました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る