記事の詳細

IMG_9919今日は朝、米国でもいろいろな活動をサポートしていただいているプロフェッショナルの人たちとメールをやりとりした後、社外取締役をしている日清食品のkabuteriaにいってランチをしてきました。先日はなぜKabuteriaなのか、など説明を聞いて、ざっと見ただけ(その後ランチの約束があったため)、実際に食事をしたいと思ったこと、また、ダイバーシティ活動の中心人物であるズナイデン房子さんとお話したかったからです。Kabuteriaの内装はガレージのコンセプト、それもブルックリン風?で、とてもカジュアル、会社のカフェテリアという感じではなく、若い人がたくさん楽しそうに食事をしていました。

11時45分ころからいったのですが、かなり混んでいて、まず手を洗い、それから、好きなお皿を選び、料理をとっていくというスタイルでした。お皿、お椀などみななかなか凝っていますし、食事も健康的なものが多いようでした。(私は麦飯も試してみました!) 株価を示すディスプレイあり、ちょっとしたジョークあり、ととてもうまく考えてあIMG_9921ると思いました。(今度ぜひここで、イベントをしたいーダボスの経験を東京で」などーと思いました。)いつも取締役会でお目にかかる方々もかなり食事をしておられました。

その後、夕方は社外役員をしている資生堂のプロジェクトについていろいろ話を聞いてきました。たまたまデザイン関係の仕事をしている私の友人がこのプロジェクトをサポートしていることがわかり、それなら、ということで、担当の方と3人で会ってお話したのです。とても興味深いプロジェクトなので、いろいろな形で参加できたら、と思っています。新しいことを考えるのはいつでも楽しく、エキサイティングです。話はプロジェクトから私のプロジェクトや合気道などまで広がり、すっかりやる気になりました!

帰りはラッシュアワーにあたってしまったので大変でしたが、いろいろな場でいろいろな方々とプロジェクトの話をしたり、これからの企画を考えたり、というのはいくらやってもあまり疲れないものだなあ、かえって元気が出るなあ、と実感した1日でした。(実はダブルブッキングをしてしまい、もうひとつ社外役員をしている双日の会議ブリーフィングには欠席してしまったのですが。。)

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る