w davidこのブログでもご案内していましたが、5月20日に東京国際フォーラムで開かれた富士通フォーラムのレポートが、Fujitsu Journalに掲載されました。「ここがダメだよニッポンの経営」とちょっとセンセーショナルなタイトルのついた特別講演、これまで何度かご一緒しているデビットアトキンソンさんとの対談でした。打ち合わせの時から話が弾み(いつもそうなのですが)時間がいくらあっても足りないという感じでしたが、今回は特に「日本人」など大雑把に見ないで、もっと詳細を調べる、物事や現象をしっかり数字で捉えるなど、いろいろ示唆に富んだお話が出ました。また耳に心地よい理由(技術が強いから高成長?)などは疑ってかかること、常に自分の知っている狭い世界でなく、広い視野から物事を見ることが大切だと思いました。
アトキンソンさんは、いつもでですが、ご自分の意見や提案を数字で裏付けてお話しされます。今回も一見日本経済は世界でも有数の規模と思われているけれど、一人当たりにするとかなりランキングが低いという話から始まり、観光を盛んにするには何をしたら良いか、なかなか変化が進まない理由などについても話が進みました。 レポートはこちらからどうぞ。