記事の詳細

Red Bull Chiba6月3日、表参道のRed Bullで、Energy Summitというイベントがあり、私は基調講演をしました。For English=> このイベントは、Red Bull が世界各地で行っている会議(私は残念ながら行けませんでしたが、このイベントの一環として、翌日6月4日には千葉でAir Raceがあったそうです)ですが、アジアで開くのは初めてということで、対象は日本を含め、アジア各国の小売の方々でした。私は数ヶ月前にこのご依頼をいただき、初めてのことだったので、連休のころから電話会議を繰り返し、最初のスピーカーとして何を話してほしいか、という打ち合わせを繰り返しました。当初想定して準備をしていたストーリーは、私の後のスピーカーと重複する所があり、もっと世界全体の話をしてほしいといわれて、資料からストーリーからスライドからほとんどすべてやり直しました。(すべて英語です)

初めての場合は、どんな会合かあまりイメージがわかず、また期待されている所もわからないので、とても緊張するのですが、今回はまさにそうでした。他にも初めてのゲスト、初めてのセミナーなどが続き、それぞれの担当者が以前よりずっと仕事が増えているので、人集めにも苦労し、ビジュアルやグラフのスライド(Macに変えたこともあり、さらに混乱!)の準備と、かなり神経を使う数週間でした。前の日に最終的に送ってもらったスライドが間違っていて、夜修正を頼み、リハーサルを夜遅くと朝早くするほど。さらに朝早めに行ったのは良いのですが、住所だけでビルの外観がわからず、周辺を15分くらい歩き回る、という土壇場まで苦労したイベントになりました。

思ったよりカジュアルなイベントだったのですが、私の講演は無事終わり、(質問が少なかったのが残念だったので、もう少し私から働きかければ良かったと思いましたーそれだけ緊張していたということーが)精神的負担がかなりあった週は終わりました。Red Bullの講演が終わった後、さすがに緊張から解放されたらしく(前の晩もグローバルゼミをしていたので)、それまでの睡眠不足と重なって、どっと疲れが出ただけでなく、お腹を壊すなど体調をくずしてしまいました。(その晩から、海外だったのです) 自分でも本当に緊張していたのだなあ、と自覚したり、神経を使うと体にもダメージがあるのだ、ということを知りました。(週末からは南の島でリラックスしています。。。)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る