KOA_0199 のコピーIMG_0127私は名前の通り、海がとても好きなのですが、せっかくヨットのグループのメンバーになったのに、週末は合気道のクラスがあるため、キックオフの寒い日しかこれまでは参加できていません。そこで、それを取り返そう?と、土曜日に続いて、今日の午後もスノーケル・クルーズに行ってきました。太平洋の真ん中にいるし、歩いて7分くらいの所にマリーナがあるので、せいぜい地の利?をいかそうと思ったのです。先回は朝、思い立ってギリギリに申し込み、最後の一人として参加し、約束されているイルカはもちろん、亀も、クジラも見ることができました。スノーケルも久しぶりにやった割には問題なく、海の青さ、海底の静けさ、そして魚のカラフルなことに、夢中になっていました。

今日は、風がかなりあったので、これならセールを上げるのではないか、と土曜日に見たカタマランのヨットのクルーズに行こうと、朝申し込んで、4時間のクルーズにいってきました。今回はそれほど遠くまでいかなかったので、海底の砂浜が見えるほど、イルカや亀は見られませんでしたが、2箇所でスノーケルをして、たくさんの魚を見ることができました。(ちょっと寒かったので、水から上がると、震えていましたし、結局セールをあげて帆走はしませんでしたが。。)

KOA_0464 のコピー先回もカメラマンが写真をとってくれましたが、今回は、カメラマンに頼んで、海の中でとってくれた写真を送ってもらいました。(もちろんFEEを払って)デジカメになり、水中でとれるカメラが普及したことから、大量の写真を撮り、それを船上でパソコンから見せてくれたり、 USBを販売したり、ウェブサイトからダウンロードできるようにしたり、とテクノロジーの進歩で、以前とは全く違うことが簡単に誰でもできるようになっています。こうしたことは数年前まではなかったことなので、いかにテクノロジー、というよりデジタル化?が、私たちの生活、思考を変えつつあるか、を実感します。(私のiPhoneも水にいれられるケースを買ったのでビデオがとれたはずなのですが、スノーケルのスキルとカメラのスキルが不足していたーというよりそれほど自信がなかったのでー今回はカメラマンの写真に頼ったのです)

合計1時間半近くスノーケルをしていたし、かなり寒かったので、2回目のスノーケルの終わった後の遅いランチは、とても幸せな時間でした。こうした簡単なことでも場所や環境が変わるととてもうれしいことになります!