記事の詳細

GAS最近数年、ビジネスに携わる人で、「デザイン思考」という言葉を聞いたことがない人は、あまりいないのではないでしょうか。For English=> といわれるほど、よく聞く割には、実際に使ってみたことがない、ちょっと試したがこれでよいのかよくわからない、などと感じておられる方も多いのではないでしょうか。このような疑問にお答えするため、6月29日のグローバルゼミ(GAS)2016特別セミナー第4回では、デザイン思考といえばこの会社!といわれているIDEO Tokyo officeのGregory Perezさんをお招きしています。

Gregory Perez私自身も世界経済フォーラムで、何度かIDEOのTim Brown氏のセッションに出席して、おもしろいなあ、と思ったのが最初の出会いでした。「デザイン思考」という言葉を知らないまま、ブレーンストーミングをしたり、ロールプレイをしたり、といろいろな活動をしていました。KMDに来た頃から(その少し前からかもしれません)、私がダボスや大連などで参加していろいろやっていたセッションがデザイン思考のアプローチを試すものだったということを知ったのです。

その頃から日本でも「デザイン思考」という言葉がどんどん使われるようになってきて、事例なども多数挙げられているようです。IDEO Tokyoオフィスには何度かいったことがありますし、Tom Kelleyのセッションなども参加したことがあるので、今回はとても楽しみにしています。 「デザイン思考」を知らないけど、関心がある方、またそれについて試してみたけどいろいろ疑問をお持ちの方、ぜひお越しいただき、直接Perezさんに聞いてみてはいかがでしょうか。

グローバルゼミ特別セミナーは、昨日もご案内したように第3回が6月22日に開かれ、その1週間後6月29日が第4回となりますが、まとめて?英語でインターアクティブなセッションに参加するのもよいのではないでしょうか。詳細お申込みはこちらからどうぞ。(実は私が毎月やっている「ダボスの経験を東京で」シリーズ第38回もその間の6月24日に資生堂花椿ホールで開かれるのです。こちらも英語で「美」について考えるセッションです。)

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る