IMG_0229 今晩(6月17日)、父を私のマンションによんで、父の日のディナーをしました。For English=> 父の日は明後日19日なのですが、その日は別の用事ができてしまったので、今日にしたのです。このような行事はできる限りするのが私のポリシー(というほどでもありませんが)で、「私しかできないことしよう」と常に考えているので。。。
朝から突発的な出来事があったり、午後からは打ち合わせと起業の相談をしていて、夕方はFufture of Economic Growth & Social Inclusionに関する政策の事例をという電話インタビューが控えていたので、時間的にはかなりあわただしく、必死な1日でした。しかし、明日は以前いた一橋ICSの同窓会で短いトークをすることになっていたので、ディナーの時間がとれないかもしれない、と今日することにしました。
今日できることは今日やる、何にしても前倒しでする!というのも私のポリシーなので。
電話インタビューの前に、ある程度ディナーの準備をしてから、父が間違いなく来られるように(時々忘れてしまうのです)タクシーをシニアレジデンスの方にお願いしておきました。電話インタビューも予定通り終わり(実はあまり役にたてなかったのですが)、ほっとした所で父が登場。フロントの人に教えていただき、いつものように玄関まで迎えに行って、車いすで私のユニットまで連れてきました。
ディナーは凝ったものではないですが、バランスがとれるようにして、食後はコーヒーとダークチョコレート、カードとプレゼントをあげました(アイキャッッチ画像はその後で撮ったもの)(本当は写真をいれたデジタルアルバムをあげたいのですが、やり方がわからないのと時間切れでできず) シニアレジデンスで食べられるように、おみやげ?も少しあげて、タクシーで帰りました。帰る前に母と一緒の写真があるのを見つけ、母のことをいっていたのが印象的でした。はやく亡くなってしまったからなあ。と。 母はいませんが、父の日をお祝いできてほっとしています。