記事の詳細

 今日は今年2度目の合気道のクラスがありました。合気道は、20年以上前に日本の文化などを紹介するケーブル・テレビの番組の制作を手伝っていた時に、一度見たことがあり、何となく関心がありました。実際始めたのにあまり難しい理由はなく、「武道がやってみたい」「道具があまり必要ないものが良い」「Self Defenseになるものだと良い」などと思っていたら、たまたま2年前頃、大人向けの週1回のクラスを見つけたので、通い始めたのです。週1度ですし、出張や仕事があるといけないのですが、細々とでも続けています。 

 1時間のクラスでは、技を説明され、すぐ二人で投げたり投げられたりを実践するので、何しろ必死!集中してやります。終わった後はエネルギーがたくさん出た気がして、気分爽快。(でも、その後30分位すると、体ががたがたになりますが。。) とても気分転換になります。合気道を続けていて良いことは、姿勢が少しよくなった(と思う)、新しい友人ができた、集中力がついた、日曜日の生活にメリハリができた、「気」に関することなので、呼吸法などにも関連して、体力がついた?などです。 

 最近、集中して何かをやるというコツを子供の時に覚えると、その後の時間の使い方や仕事の生産性がかなり違うのではないかと実感しています。合気道のクラスでも、時々ほかのことが気になって集中できない時もありますが、そうすると怪我をするので、集中せざるを得ないという状況になります。そして集中するには体力も必要だと思います。

 合気道だけではありませんが、30分でも1時間でも周囲のことを忘れて、何かを必死でやった時の充実感は一度味わってしまうとやみつきになります。また集中力を開発したり、すぐ集中できるスタイルを確立できると、短時間でもいろいろなことができるのだと思います。人によって集中力を開発する方法はいろいろあると思いますが、何か好きなこと、興味のあることで試してみると、その実感がわかるのではないでしょうか。おためしください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る