記事の詳細

Do it2 clocks日本は(とかなり大雑把にいっています!)なかなか変化が起こらないと言われます。(私自身も本当にそう思うことが多いですし、いろいろな場でもそう発言しています)。最近、どうすれば変化が起こるのだろう、と考える中で、自分がおかしいと思ったり、時間の無駄だ、非効率だと思うことは断固?やめるという気持ちと行動が必要なのではないか、と考えるに至りました。どう考えても、ずっと以前作られた手続きで今の状況に合わない、あるいはどんどん変化する状況を考えていないフォームなどをみることがあります。例えば、学校を出て一社で仕事をする、あるいは世帯は夫婦を子供が基本などという「昔の標準」を反映したフォームでは、今のように一社でキャリアを終えることは考えられない、単身の世帯が多い、法律的な夫婦でないカップルもいるという状況には全然あわず、フォームを書こうとすると、何度も問い合わせたり、書ききれないということがあります。(最近遭遇することは多いです)

その場合、仕方がない、と考えて、何とか書くというオプションもありますが、それ以外に「これはおかしい」といい、必要なら、そのフォームが必要なことはしない、というオプションもあると思うのです。こちらはかなりの意思?というか覚悟(とまではいきませんが)が必要ですが、多くの人(今までの私も含めて)それをしないから、皆おかしいと思っていても、変化が起こらないのではないか、と思うのです。

自分だけの問題の場合は、こういう行動をすることで影響があるのは自分だけですから比較的簡単ですが、家族や友人などが関与する場合はなかなか難しいとも思います。でもだからこそ、行動で示さないと、いつまでたっても「相変わらず」「時間がかかる」という言い訳になってしまうのではないでしょうか。そういう意味ではDo it!であり、Act now! (日本語でも「今でしょ』がありますね、そういえば。。。)が必要です!

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る