記事の詳細

GAS1水曜日6月22日夜、六本木アカデミーヒルズで、グローバルゼミ(GAS)2016の特別セミナー第3回が開かれました。For English=> 今回はゲストのプレゼンテーション+私との対談という形ではなく、お二人のゲストと私も入った鼎談を試してみました。
テーマは、今回のゲストお二人ー日本人ですが、ロンドンをベースに活動する藤倉大さんと、スコットランド出身ですが、日本に12年おられるLori Hendersonさんーに合わせて、ロンドンと東京をつなぐオリンピックをどう活用するか、それもアートや音楽を用いて、というテーマで話を始めました。 オリンピックだけでなく、英国のEU離脱の可能性、英国と日本の働き方、コミュニケーションの仕方の違いや共通点など、話が広がりました。

印象に残ったのは、ロンドンオリンピックがDiversity & Inclusionを実践しようとしたこと、その一環として、新しく、実験的なコンサートなどがオリンピックの周辺で多数行われたこと、などです。東京オリンピックを考える上でもこうしたテーマをどう扱うか、Loriさんのコメント「日本はグローバルリーダーだから、それを世界にどう見せるか」、大さんの「コンサートなどはcollaborateしてこそ意義がある」というコメント、など、とても興味深いものがありました。周囲に定義させてしまうのではなく、自分をどう定義していくか、がとても大事だと

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る