記事の詳細

DSC_0313 のコピー先週金曜日「美とは」というテーマで「ダボスの経験を東京で」第38回を終えたばかりですが、7月22日に開かれる次回のご案内です。For English=> このシリーズでは、「自分らしいユニークな」キャリアをとかライフスタイルを、ということを提唱することが多いです。(私がいいたいことでもあります)
しかし自分らしい生き方をするためには、何かが起こった時にサポートしてくれるセーフティネットが必要です。普通、保険、年金、その他社会保障のことを考えますが、政府の社会保障制度はかなり前に設立されたもので、必ずしも今の多様なライフスタイルにあっているとはいえません。
たとえば単身世帯、同性のパートナー、高齢者の単身世帯、子供のいないカップルなどが増えていて、社会保障制度などが前提とする標準世帯(夫婦と子供)は比率としてかなり減っています。
だからといって何もしないわけにはいきません。想定していないことが起こった時に自分をサポートしてくれるソーシャル・セーフティ・ネットも、社会保障制度とともに、とても大切だと思います。(日本の社会保障制度はかなり収支が?でもあります) それでは、自分のためのソーシャル・セーフティ・ネットはどのようにデザインしたら良いのでしょうか。なかなか普段は考えないこのテーマを扱ってみよう、というのが7月22日の「ダボス。。。を東京で」第39回です。
今回はインターネットを始めとしていろいろなチャネルで生命保険を販売しているライフネット生命との協賛、場所も半蔵門のライフネットで計画しています。 詳細、登録はこちらからどうぞ。多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る