GAS1先日速報をお知らせしましたが、6月22日に六本木アカデミーヒルズで開かれたグローバルゼミ(GAS)2016第4回のレポートがアカデミーヒルズのサイトにポストされています。
このセッションでは、藤倉大さん、ロリ・ヘンダーソンさんという、英国と日本、アートとビジネス、国境を越えた活動をされているお二人をお招きして「オリンピック」の役割などを考えました。セッションの中で、ちょうど1週間後6月29日のGreg Perezさんのお話に通じる「日本の力を日本人自身がどう見るか」という話が出たのが印象的だったのですが、それ以上に心に残ったのは、英国の国民投票の前日であったことです。この時点では、多くの人が接戦だけど「残留」だろうと考えていたのが、翌日離脱という結果になり、それから世界がかなり混乱していることは皆さんもご存知の通りです。いまからレポートを読むと、1日にして世界が変わる!ことを実感します。レポートはこちらから見られます。
なおGAS特別セミナーはまたレポートが出る29日の第4回で終わりましたが、9月に行う集中プログラム(こちらは1.5ヶ月同じグループでワークショップスタイルー参加者が自分でいろいろなアウトプットを出してくるーで行います。7月15日締切で参加者を募集中ですから、ぜひご検討ください。)