記事の詳細

IMG_1111昨日8月23日(ニューヨーク時間)は、午後からずっと藤倉大さんをはじめとして数人の作曲家の委嘱作品をICE (International Contemporary Ensemble)を演奏するコンサートとその前のリハーサル、サポーターによるレセプション、コンサートの後のパーティといろいろ参加する機会がありました。For English=>
一言でいうと、実際にみてみないとその迫力や魅力がわからない!ということです。ICEは今とても人気があるグループなのですが、大さんとの協働はとても長く、お互いに家族のように思っているようです。(大さんのインタビューはこちら
IMG_1108今回はMostly Mozartシリーズの一環として、その50回を記念して50の新しい委嘱作品をICEがやったのです。(それもすごい!)
これまでにもフルートのClare Chaseさんのことは何度もこのブログに書いているのですが、実際にあったのは初めてだったので、とてもうれしかったし、彼女のエネルギーのすごさを実際に感じて、ICEの成功の鍵の一つをみたような気がしました。
2時からのリハーサルも興味深かったけど、実際のコンサートは全く別!という感じにすばらしく、圧倒されました。すばらしい1日でした。いろいろ新しい経験についてはまた書きます。
隙間時間にした短い大さんとのインタビュー(日本語と英語です。4分くらい)です。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る