記事の詳細

img_1261昨晩、NECの本社で「ダボスの経験を東京で」第40回が開かれました。For English=> トピックは今多くの関心を集めている人工知能、特にNECが力をいれている社会課題の解決という点から face recognitionとobject fingerprint authentificationの2つについて、お話いただきました。
会場はNECの最上階のすばらしい夜景、普段はVIPのための会議に使う?場所でした。(当初は共創スペースッぽい所を想定していたのですが、参加希望者が多かったので、お願いしてみたのです。)
この2つのテクノロジーについて、説明していただいたあと、それぞれグループ4つが、NECのマーケティング担当として、応用・売り方を考えました。最初のプレゼンテーションでかなり使い方についてのお話があったので、社内では考えないようなcreative (つまりcrazyという意味です)なアイデアを考えてください、とお願いしておきました。
45分くらいのブレークアウトのあと、ボランティアを募り、それぞれ2つのグループにレポートしていただきました。すぐ使えそうなアイデアも出てとても活発なセッションになりました。
14311478_10209706146625539_4553652452449899274_oその後、すばらしい夜景を見ながら、豪華な食べ物、飲み物とともにネットワーキングが続き、終わった(無理やり終わりにした!)のは10時半過ぎでした。ビデオアーカイブが出来次第、またポストします。
遅くまでいろいろしてくださったNECの皆様、そして入口がわからず苦労させてしまった参加者の皆さん、ありがとうございました。

関連記事

    • Hiroshi Takemura
    • 2016年 9月 23日

    これまで全くと言っていないほど興味を持っていませんでしたが、AIがどんな形で生活に入ってくるのかという視点を与えてくれたミーティングでした。
    最近、日経産業新聞で「AIと未来」というシリーズがスタートしましたが、9/21にはNECさんの顔認証システムがアメリカの検問所で使われ始めていること(「国境0.3秒160万人照合」)などが紹介されており、いよいよAIが身近になる日も近いと感じました。
    技術のことはなかなかわからないのですが、ユーザー視点でAIの発展を眺めていきたいと思います。

    • yishikura
    • 2016年 9月 23日

    コメントありがとうございます。なかなか広いトピックですし、それほど身近なものでもないので、もう少しプレゼンテーションの後で質疑応答をすればよかったかな、とも思っています。また11月3日の拡大ダボス。。も是非お越しください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る