記事の詳細

11月24日発売(11月28日号)の週刊ダイヤモンドp.100「書林探索」というコラムに、黒川清政策研究大学院教授が「戦略シフト」の書評を書いてくださっています。黒川さんとは以前、「世界級キャリアのつくり方」をご一緒に書きましたし、学術会議の会長をしておられた時に私を副会長に指名していただき、私にとって大きな世界を拓いてくださいました。

「戦略シフト」の書評の最後にある「。。。書かれていることが直感的かつ実感として理解できないようでは、そうとうな『重症』といえるかもしれない。」というコメントは、本を推薦してくださっている点でとてもうれしかったのですが、最初に読んだ時に、黒川さんがMedical Doctor(腎臓の専門医)であることから、「言い回しがうまいなあ!」と感心してしまいました。(もう少ししたら、先日出た日経新聞の書評とともに、pdfの形でのせられるかもしれません)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る