記事の詳細

img_21992016年もあと数時間で終わるのですが、今年を振り返ると、世界では、想定外のことが英国、米国を初め、各地で起こり、新年に向けてさらに不確定要素が増しています。For English=> 私はといえば、この2つの出来事をめぐる数ヶ月は、メディアの情報に、不安もあり、落ち着かない日々でした。実際に起こったことでさらにショックを受けて、自分の国のことではないのですが、しばらくはかなり怒っている自分を発見してびっくりしたこともあります。
私自身の2016年は、自分の関心やパッションが明確になった年だったといえます。私が今一番関心を持っているのは、テクノロジーが進み、世界の人口動態の中で、新しい働き方、ライフスタイルを、どう個人がデザインするか、という点です。
dex43group今年半ばまでの世界経済フォーラムの「将来の仕事」委員会の活動、その後の「グローバル未来委員会 」の活動の中で、全く新しいキャリアやライフスタイルが可能になってくること、そしてそれを決めるのは、政府でも企業や組織でもなく、個人であること、に確信を持っています。特に日本では、年齢と活動が固定的ですし、こうあらねばならぬ、という意識が強いと思うので、なるべく多くの人に、自分でキャリアやライフスタイルをデザインする機会とそのために必要なスキルを開発する場を提供したいと考えています。(数年六本木アカデミーヒルズで続けているグローバル・ゼミ、毎月開いているダボスの経験を東京でシリーズなど) 私自身の活動として、自ら新しい働き方やライフスタイルを試してみること、周りをエンゲージすることが一番やりたいこと、パッションを持てることなのだと発見しました。

img_0925相変わらず、気候の良い所、会議や楽しいイベントがある所を求めて、ドバイ、マニラ、香港に行く機会がありましたし、一番好きな街ニューヨークは数ヶ月に1度、カナダのウィスラーは夏のほぼ2ヶ月、ハワイも2回行きました。最近はマニラの後すぐニューヨークとか、そのすぐ後香港など、ぎりぎりの日程が多く、時々体力は大丈夫か?と思いますが、何とかやっています。

ちょうど6歳のgrand daughterと95歳の父に挟まれていて、過去と将来も垣間見る機会が得られますし、生まれた時からデジタルというティーンエージャーにいろいろ教えてもらうこともできるのはとてもエキサイティングです。

また、一年を通して、桁違いとも思われるすばらしい才能を持った方々と知り合う機会もあり、新しい分野を試したり挫折したりということもありました。そのような経験から、自分自身をよりよく知ることにもなったので、これからも、世界の場で新しいことを続けられるのでは、と「勝手に」思っています!

2017年が皆様にとってすばらしい年になりますように。

iMovieで今年を振り返る写真のビデオを作成したのですが、まだ公開できないみたいです。できたらご案内します。。。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • 飯田禎彦
    • 2017年 1月 03日

    石倉さん

    あけましておめでとうございます。
    今年もよろしく お願いします。
    新年の発信 承りました、 誰にも 頼れず「自分で 発信する事」大賛成です。
    段々と年齢も重ねて 皆様 年賀状にも ご自分の 整理を 色々とされ初めています。
    決して間違ってはいませんが 何か まわりの方の 情報もいただいて 自分も 発信してゆきたいものですね。

    今興味が ある方は 最近 「ヒトココ」という 商品を 開発した 久我一総さんと Ms.Amiy Moriさん
    でしょうか、お二人とも 日本に 足を立ててこれから 頑張ってゆこうとする 面白い方達です。

    益々お元気で!

    飯田禎彦

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る