記事の詳細

 昨晩1月27日、今年初の「ダボスの経験を東京で」が開かれました。For English=> 昨年からずっとやりたいと思っていたfake news, post-truth, alternative factsなどこれまではほとんど聞かれなかった言葉やコンセプトがソーシャルメデイアの普及とともに多用されるようになる中、メディアの役割とは何だろうか、そしてこれだけ情報がいろいろ得られる。発信できる中で、私たちはどのようにして情報を見極め、判断や意思決定をしたらよいのか、につぃて、考えました。ゲストはEconomist Corporate NetworkのFlorian Kohlbacherさん、多くの皆さんに参加していただき、情報についていろいろ考えるきっかけになったと思います。簡単なビデオをつくってみましたので、ごらんください。(最近かなり凝っています!)

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る