記事の詳細

土曜日4日の朝、ニューヨークに着きました。For Engish=> 羽田ではANAのスタッフの方に、ダウンジャケットだけですか?と聞かれ(ヒートテックとダウンが2枚!)毛皮のコートをおいてあるから大丈夫です、といったのですが、やはりかなり寒い!
幸運にも、来てすぐチェックインでき、落ちついた所で、例によってスポーツクラブに行き、食品の買い物をして、すっかりここの人!という感じ。
夕方、そうだ!教会に行こう!と近くの教会でミサに行きました。(先回もいった所)それからカーネギーホールへ。以前から知っているOrpheusのコンサートがたまたまあったのでチケットを手配していただいていたのです。
William & Sonomaでの買い物が手間取って、ついたのは15分前。ボックスオフィスは大混乱でどうなることか、という感じ。何とか時間に間に合いました。
久しぶりに聞くOrpheusはやはり素晴らしく、メンデルスゾーンのシンフォニーの後、ニューヨークプレミアの作品(かなり斬新な試み、作曲家が紹介されました)、最後はよく聞くチャイコフスキーのバイオリン協奏曲、いわゆる?クラシックですが、Vadin Aluzmanはすばらしく、Standing Ovation.
Access Orpheusという教育プログラムで学生が多数来ていたのが印象的でした。
一日をまた簡単なビデオにしました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る