記事の詳細

20年以上の前の演でトニー賞をとったGlenn Closeが主役、Andres Lloyd Weberの音楽という組み合わせなので、見たいなあと思っていたSunset Boulevard. 今プレビュー中なのですが、新聞のレビューがとても良かったし、期間限定なので、ひょっとして?と、チケットを探してみました。

For English=>  1枚はリセールのサイトではなかなかないのですが、今日(2月11日)のマチネーのチケットがあったので、行ってきました。
予想以上にすばらしくて、ただただ圧倒されました。40人編成のオーケストラがステージの中央奥にいて、音楽もすばらしいし、Glenn Closeは本当にすばらしくて、感動しました。最初に出てきた時から大拍手、途中の一人で歌うところでは拍手が鳴り止まない、終わった後もスタンディング・オベーション!本当にいって良かった。ストーリーもいろいろ考えさせられるし、ロンドンからの俳優もみなすばらしかった。土曜日は2回公演なのですが、あれだけのことが1日に2回できるのかなあ、と。。。本当に実力があるプロはどんな分野でもとてもinspiringですし、movingだと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る