記事の詳細

今日3月8日午後、お招きいただいて浅利慶太プロデュース公演「オンディーヌ」の初日をみてきました。For English=> 劇団四季時代にいろいろお世話になった友人が、浅利事務所にいて、これまでも何度かご案内をいただいたのですが、日程があわず、今回やっと伺うことができました。
友人にも会うのは1年以上ぶり位。さらに隣の席は、共通の友人(数年前からあっていなかったので久しぶり!) オンディーヌについてはいろいろ聞いてはいたのですが、実際に見たことがなく、劇団四季の原点であったジロドゥの作品だ、ということくらいでストーリーもよく知りませんでした。
3幕からなっているのですが、構成がとてもよく考えられていて、圧倒されてしまいました。3幕目になったらちょっと混乱してしまって、もうひとつこれだ!というのが、実はまだピンと来ていないのですが、簡単なストーリーではない、いろいろなことを伝えようとしている、と思いました。
この所、予定がいろいろあって、毎日あちこちに行く日が続いているのですが、それでもこうした時間を持つことがとても大切だと思います。演劇もミュージカルも、作者のメッセージ、その演劇やミュージカルへの展開方法、実際の舞台など、学ぶ、参考になる点が多々あります。劇場にいる間は、いろいろなことに考えがめぐり、違う世界にいるような気がします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る