記事の詳細

 先月六本木アカデミーヒルズでしたインタビュー記事が、とらばーゆのウェブサイト、U29女子プロジェクトのコラムにポストされました。インタビューを、というお問い合わせがあった時、このサイトの対象がU29と20代なので、私がその年代だった時と世界は様変わりしていて、どんな話をしたら良いか、?という感じがありました。いろいろなセミナーでもいっていますが、世界は刻々と変わっているので、昔の経験を聞いてもあまり参考にならないことが多いのです。また「組織で長く必要とされるには。。。」というタイトルなので、組織を前提としているのかな、ビジネススクール、コンサルティング、さらにはロボットやAIにとって変わられる仕事など、キャリアを取り巻く環境が様変わりしていて、一社でキャリアを終わることは考えられなくなっていると思っているからです。(ちなみに昨晩ニューヨークのスタジオから参加したBBC RadioのBusiness Mattersでもロボットにとって変わられない仕事とは?というテーマが出てきました)
というわけでかなり勝手にいろいろな話をしてしまったのです。。。しかし、いろいろな場面でその時に自分にとって良いと思ったことをやってきたこと、すべてを完璧にしようと思わずに、適当な所(というか「いい加減な所」)でやってみる、ことなどを少しでも伝えられれば良いかなあ、と思います。
また「就活」が話題になり、リクルートスーツを着た人が多い中で、「フリーランス」という仕事の仕方もある、それが40年前(私が大学を出た頃)でも今(私は3年前からフリーターなので)でも、そしてこれからはもっとそれが増えるだろうということが少しでも伝われば良い、「正しい答え」「正しいキャリア」はもう存在しないので、それを追わず、自分で考えた方が良いことをわかっていただければ、と思います。インタビュー記事はこちらからどうぞ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る