記事の詳細

ニューヨークはあいかわらずこれで5月?という天気が続いています。For English=> 来週になれば春らしくなるといわれていますが、当面は5月というよりは3月という感じです。
明日夕方のフライトで東京に帰るので、最後の日となった今日9日は、4月のパネルでお世話になったJapan Societyのお二人とEastサイドのスペイン料理のレストランに行きました。それから隙間時間は少し歩き回ったあと、SBにいって、東京にいる時と同じように仕事をしていました。東京に比べるとニューヨークはWiFiが比較的どこでもあるのですが、SBが一番簡単なのです。
しばらく本を読んだあと、4時から開かれたJP MorganのRound Tableとレセプションに行きました。私はWCD(Women Corporate Directors)という組織のメンバーなのですが、数年前にたまたまニューヨークにいたので、Global Instituteという2日半の会議のパネルに参加しました。それまでと違う新しい会議やグループに参加しようと決めた年だったので、初めての会議やグループから招待されると皆行くというパターンだったのです。
今回もその関連でよんでいただいたのだと思いますが、4−50人くらいのRound Table, ホストのJP Morgan CEOがトランプ政権の政策、特に金融関係について、ダイバーシティなどについてコメントして質疑応答をしました。そのあとレセプションがあり、何人かと話をしましたが、最初はお互いの仕事について話していたのですが、社外役員はどうやってなるのか、とか、任期はどの位か、とか、会議の頻度や長さなどについていろいろ聞きました。圧倒的に米国の参加者が多かったのですが、それでも会社や人によってかなり違う様子でした。
 そのあと、最後の夜ということでカーネギーホールのPhiladelphia Orchestraのコンサートへ。この間、カーネギーホールに行くのは高齢者だけ!と聞いていたのですが、周りを見たら、その通り。かなり年齢が高い人ばかりでした!(私もその仲間?という感じでしたが。。)
Philadelphia Orchestraは以前も聞いたことがあり、今のMusic Director, Yannick Nezet-Seguinがとてもダイナミックで好きなので、今晩一晩だけ?コンサートがあることを発見し、すぐチケットを買ったのです。予想通り、今日いったら売り切れでした!
プログラムはL. BernsteinのSymphony No. 1, Mozartのピアノ協奏曲、そしてSchumannのSymphony No. 2でした。最後の曲が一番この指揮者にあっていると思いました。
20時から始まって終わったは22時半くらいでしたが、歩いて帰ってこられるので楽です。今日は14kmも歩きました!
明日は早起きしてスポーツクラブに行き、パッキングをしてから、電話会議です!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る