記事の詳細

 クリスマスとお正月が近づいてきましたが、この時期になると、こうした特別な日の意味が国や文化によってかなり違うことを実感します。(特にクリスマスの頃は北米にいることが多いので、クリスマスがどれほど家族にとって大切な日なのかー特に米国は戦争をしているのでーを感じます)
 この間台湾や韓国出身(しかし他にも多くの国で生活したことがある)ICSの学生と話をしていたら、中国の新年(2月はじめだと思います)は日本のお正月のようで、家族で集まる大切な日だということを教えてもらいました。一方暦の1月1日は日本のクリスマスのようにパーティをしたりする日だそうです。
 北米(ヨーロッパもそうかもしれません)では、クリスマスが日本のお正月のようで、大晦日と元旦は日本のクリスマスのようだと良く説明してきましたが(このブログでも何度か書いていると思います)、中国のことを知り、とても興味深く思いました。
 こうした意味のある日は大切にしたいと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る