記事の詳細

今月5月31日が応募締め切りのグローバル・ゼミ2017。For  English=>  実際にクライアントからのプロジェクトを実践しながら、新しい働き方のひとつのモデルである外部の人とのプロジェクト・マネジメントを身につけていただくことを目指していますが、クライアントとプロジェクトの概要が発表されました。
在日英国商業会議所、フィンランド商工会議所、またtobitate japanのフォロー組織であるMUGEN(∞)Picture Makers がクライアントで、それぞれ今直面している課題に対する解決案を、いろいろな経歴のメンバーとのチーム活動を通して考えていただくというものです。
Brexitという大きな事件のあった英国、安定性や教育制度では世界有数といわれるフィンランドなど、東京にある組織が今後どのようなポジショニング、戦略で活動を進めていくか、を考えていただくものです。もちろんメインのコンタクトはそれぞれの国の方、中間発表や最終提案はすべて英語で行います。
一方MUGEN(∞)Picture Makers は、文部科学省や民間セクターなどのニーズから生まれたtobitate Japanという海外留学プログラムの参加者が帰国したあとに、外国での経験を活かしながら、さらにその力を磨き、グローバルリーダーになるための活動を続けられる仕組みをデザインするのが3つ目のプロジェクトです。
それぞれに興味深いし、セミナーで初めてあった人たちと一緒に問題を解決していくという経験をすることができるので、今後グローバルに活動をしていきたいと考える方々にとってはとても良い機会だと思います。応募締め切りまであと1週間強ですが、エントリーシートのドラフトを始めてはいかがでしょうか。詳細はこちらからどうぞ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る