記事の詳細

昨晩(5月26日)プレミアムフライデーの最中に、久しぶりにウィルソン・ラーニングで「ダボスの経験を東京で」第48回が開かれました。For English=> 今回は、毎日SNSに私たちが投稿する写真が30億枚と言われる中、イメージ解析のテクノロジーを開発し、AIと組み合わせてマーケティングに活用するというビジネスをしておられるedison.aiの山浦真由子さんをゲストにお招きしました。
データが膨大にある中、一般の消費者がポストしている写真を活用して、商品がどう使われているかなどを分析するというビジネスモデルです。それ自体もとても興味深いのですが、参加者の皆さんにはあまり今までの用途にこだわらず、自由に考えていただくことにしました。(最初の質問はスマホに何枚くらい写真がありますか?その中で一番好きなものは?などから始めたのです)
小グループでのディスカッションはとてもおもしろくて、今観光客を増やそうとしている地方自治体を対象にする、などいろいろなアイデアが出ました。Datingサービスに使えば、いろいろできるのではないか、というアイデアも面白いと思いました。
今回は比較的少人数でしたが、参加されたみなさんとお話できましたし、みなさん発言できたのでこういうフォーマットもよいなあと思いました。先日のグローバル ゼミ体験セミナーにきていただいた方には、グローバルゼミの締め切りが5月31日ですから、エントリーシート書いてくださいね!とお願いしてしまいましたが。。)
最後はネットワーキングで新しい方々との出会いもあり、楽しい一時でした。短いビデオはこちらからどうぞ。(これがパート1です)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る