記事の詳細

今日6月1日は、私が6年間通ったフェリス女学院の147周年創立記念日でした。For English=>  お招きいただいて、記念講演会をしてきたのですが、50 年!と思ったら、ちょっと信じられないような気持ちでした。
 9時から始まったカイパー記念講堂での記念式から行ったのですが、あまりに前のことなので、雰囲気は同じだなあ、と思いましたが、すばらしいパイプオルガンがあったり、講堂はいぜんより大きな感じでした。
朝早かったので、5時に起きていったのですが、記念式からいってよかったです。校歌を歌った時は、2ヶ月ほど前に亡くなったフェリスの親しい友人を思い出してしまいました。。
記念式のあと私が1時間弱講演をしたのですが、終わったあとの質問(よく聞かれるものあり、おもしろいものありでした!)もとても楽しいものでした。最近高校生を対象とした講演などは時々するのですが、中学1年生はほぼ初めてという感じなので、とても若いなあ!と感じました。
朝向かう時は、雨だったのでがっくり!でしたが、講演が終わるころは太陽が出て暑いくらい!グループ写真をとり、長年勤続の方々も含めて、ランチを一緒にしました。

その後広ーい体育館なども案内していただき、いろいろな記念品をいただいて帰ってきました。
私は卒業した上智大学や、MBAをとった米国のビジネススクールには卒業生として講演をしたり、クラスをしたりすることがあるのですが、フェリスは初めてだったので、(何と言っても半世紀!ですから)感じが違って、とても素晴らしい経験でした。このような機会をいただき、感謝しています。

関連記事

    • 樋口いく子
    • 2017年 6月 02日

    フェリス生の母です。昨日、娘は(おまんじゅうを持って)帰宅するなり、たいへん興奮して、講演会の話をいたしました。級友たちもみな、進路を考える時期にいるせいか、それぞれに強い印象を受けたようです。常々、自分の力で未来を切り開こうという気概に満ちた女の子が多い学校だと思っておりましたが、そんな彼女たちにぴったりのお話をしていただいたようで、本当にありがとうございました。わたくしも聞きたかったです!

    • yishikura
    • 2017年 6月 02日

    ご親切なコメントありがとうございました。そのようにいっていただけると本当にうれしいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る