記事の詳細

自分でもTweetしたり、他の人のTwitterをフォローしている人は多いと思いますが、時々疑問に思うことがあります。友人が、自分のコメントなしに、たとえばトランプ大統領のTweetをどんどんretweetしているのを見て、このtweetに賛同するからもっと拡散しようとしてretweetしているのか、それともかなりfactと違うことをいっているからそれを知らせようとしているのか、どちらかわからず、?と思ったことがあります。
私自身は、トランプ大統領のtweetはフォローしていないので、他の人がretweetしたものを見たり、それに反論しているのを見ているだけなのですが、コメントも何もなくただretweetをしているので、見当がつかなかったのです。トランプ大統領の支持者なのかな、と思って(もちろん誰でも自分の意見をいう自由があるので)メールで聞いてみたのですが、返事はなく、あいかわらずretweetしているようです。
私はブログ、facebook、twitterをやっているのですが、facebookとtweetは違うことを書こうと思って、最近は主にフォローしている人のtweetで興味深いものに対して、コメントつきでretweetすることが多いです。ブログは両方に転送されるセットアップになっているので、それは両方出てきてしまいますが。facebookは自分がやっていることなどを書くこと、写真をいれる方が多いです。
日本はSNSでもtwitterが多いと聞いたことがあるように思いますが、国や地域によってそれぞれの好みがあるようです。それにしてもSNSによって、時間の使い方や生活がずいぶん変わったように思います。
自分のセミナーに必要な資料などは別として、その日のニュース?などは、だいたいTweetでいろいろ読んでしまうか、podcastで聞いてしまうので、それ以外の活字を読む機会が減っているみたいです。知らず知らずのうちに、情報源が偏っていたり、じっくり読むという力がなくなっているかもしれないなあ、とふと思うことがあります。本もkindleで読むことが多いので、紙の本とはかなり違うようです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る