記事の詳細

今日6月14日午後、自由劇場で「夢から醒めた夢」を観てきました。浅利演出事務所の作品ですが、私がとても好きなオリジナルのひとつで、何度か見ています。今回は、ご招待いただき、お芝居を中心に(ミュージカルではありますが)ということを伺いましたが、とても感動しました。
ストーリー・台本がすばらしいのはもちろんなのですが、今世界中で見られる難民、特に戦争で苦しむ子供の写真(ベトナム戦争の頃の写真?)が出てきた時は、胸をつかれました。世界の状況が、当時よりもっとひどい状況になっているように思われたからです。
また、亡くなった人に一目でも会いたい、少しでも一緒に時間を過ごしたいという気持ち(このストーリーのメッセージのひとつ)がひしひしと感じられて(最近、身近な友人が亡くなったこともあり)、涙ぐんでしまいました。
2時間強のミュージカルの中に、心に残るメッセージが多数散りばめられていて、とても人気がある(チケットは完売です!当日券はあるかも?)のも納得!と思いました。(私も何度かみているのです。) これだけ感動を与えられるPerforming artsを創っていくのは大変だと思いますが、本当にやりがいのある仕事だと思いました。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る