記事の詳細

プロジェクト・マネジメントというテーマで始めたグローバルゼミ(GAS)2017第2回が今日7月1日午後六本木アカデミーヒルズで開かれました。For English=>  クライアントにプロジェクトの説明をしていただいた第1回から約10日間という短い間でしたが、各チームに、プロジェクトを始めるにあたってもっとも大切な作業のひとつであるイシューと今後の仕事の進め方などを発表していただきました。
先回も紹介したようにイシューを決めるのが鍵だということを「実感」「実践」していただくために、私が講義をするよりもまず各チームに発表していただいたのです。本で読んだり、講義で聞いたりして「わかった」気になっても、実際自分でそれを使ってみると、?ということは、私自身、何度も経験していますし、簡単な解決案を考えることが難しい今の時代、実践できなければ身につかないと思っているので、こうした形で進めたのです。
それぞれのテーマごと2チームの発表を聞いてからた、私が主にイシューをどう考えるか、について、コメントをしていきました。自分でやってみた後で、コメントを聞いたり、テキストを読んだりすると、具体的に何をすれば良いか、がわかると思いますし、同じテーマを担当する他のチームのやり方を見ることもとても参考になる、と思うからです。
今後約4週間間があくわけですが、その間の作業に関するプロジェクト・プランを作り、実行していくか、が次のステップです。何しろ自分でやってみる、というのが力を身につける一番良い方法だと思います。(私もxxすれば良い、とわかっているのと実際やるのとは全然違うと、毎日のように実感しています。特に最近はプロトタイピングをするー提案していることをすぐ簡単なやり方で試してみる、つくってみるーことが鍵だと思いますので。)

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る