記事の詳細

先日すこしお知らせしましたが、「ダボスの経験を東京で」第50回は7月28日に開かれます。For English=> 今回は昨年に続き、銀座資生堂の花椿ホールで、自由な立場、発想で資生堂の2年限定スタッフとして、その期間で立ち上げられる「新しいビジネス」を考えるというエキサイティングで「楽しそう!」なセッションです。
最近はニュースを見ても、米国の孤立、まだ増え続ける難民、世界のあちこちで見られる気候変動とその影響など、元気になるような話題がなかなか見つかりません。
しかし、こういう時代だからこそ、あなたの持っている(でも必ずしも、今の仕事ではいかされたり、花開いていない)クリエイティビティ、想像力をいかして、新しいビジネスを考えてみませんか?それも145年の歴史をもつ資生堂という日本を代表する大企業でです。
現代的、コンテンポラリーなものを、歴史や伝統とどう結びつけてこれまでなかったようなアイデア、それも利益に結びつく一ビジネスになるようなアイデアを考えるというテーマに挑戦しませんか。登録はすでに始まっています。昨年の資生堂でのセッション(左の写真)はとても多くの方々に参加していただきました。今回も早めに登録をした方がよさそうです。詳細などはこちらからどうぞ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る