記事の詳細

 昨日に続いて、7月28日の第50回「ダボスの経験を東京でー資生堂」のパート2です。9つの小グループにわかれて、自由に資生堂の新しいビジネスを考えるというテーマでディスカッションした後、それぞれのグループにレポートしていただきました。For English=> 
女性だけに対象を限らず、男性も(武士道!)、さらにはペットやロボットにメークをする、というアイデアも出てきましたし、化粧品に限らない、製造業にこだわらない?、レストランなどとメークを合わせてサービスするというアイデアなども、出てきました。
またサステイナブルなプラットフォームを、これから人口の大きな部分をしめることになる高齢者のためにデザインして、同時に難民などにも支援をして「やりがい」をつくろう、というアイデアも出てきました。いろいろな企業と連携して、そこの商品やサービスを使うと同時に?メークをする、というアイデアもありました。(この2つはビデオに出てきます)
新しいビジネスを自由に考えるのはとても楽しいことだ、それを実現するには、どうするか、も広く考えようという印象でした。短いビデオを作りましたので、ご覧ください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る